当社が使用しているミシン

今日は、当社でホースマン製作に使用しているメインのミシン「八方ミシン」についてご紹介したいと思います。
サブミシンについても、おいおい紹介していきたいと思いますが、この八方ミシン一つでも、十分にホースマンを製作することは可能です。

この八方ミシンは、上送りのみで縫いすすめるミシンですが、最大の特徴は、その名の通り、四方八方に送りの向きを変え、あらゆる方向に縫いすすめる事ができることです。本来の用途は、靴のつま先部分の修理など、奥まった部分を補修するためのミシンだそうです。

この八方ミシンは、昔は日本メーカーでも生産されていたみたいですが、現在は「TAKING」という台湾の会社でしか生産されていないようです。「八方ミシン」でインターネット検索してもらえると見つかると思いますが、当社が使用している機種は、「ZIT TOOLS」さんという輸入会社様から購入したものを使っています。価格は約10万円ほどですが、このミシン無くしてはホースマンが誕生できなかった訳ですから、消防在職中に購入を許可してもらった妻には感謝の気持ちでいっぱいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です